理事・顧問

当機構の理念に共感いただいた、有識者及び各界の第一線で活躍する
経営者・ビジネスマン・コンサルタントによって、当機構は成り立っています。

代表理事
後藤 俊夫
(ごとう としお)

日本経済大学大学院 特任教授

1942年生まれ。東京大学経済学部卒。大学卒業後NEC 入社し、1974年ハーバード大学ビジネススクールにてMBA取得。1997年から1999年まで(財) 国民経済研究協会・常務理事(兼) 企業環境研究センター所長。
1999年静岡産業大学国際情報学部教授、2005年光産業創成大学院大学統合エンジニアリング分野教授を経て、2011年より日本経済大学渋谷キャンパス教授に就任し、同経営学部長を経て、2016年4月から現職。
経営戦略(企業の持続的成長) を専門分野とし、日本における長寿企業、ファミリービジネスの第一人者。国内外の大学における教育活動及び大手企業など各方面での講演・セミナーを精力的にこなしている。

後藤

副代表理事
大髙 英昭
(おおたか ひであき)

株式会社パソナ 副会長

1941年生まれ。
東京大学法学部卒業。トヨタ自動車販売株式会社 入社。
1981年トヨタ ワシントン事務所代表、
1984年米国トヨタロサンゼルス本社広報・社会貢献部長、
1990年トヨタ自動車株式会社海外マーケティング部長、
1996年同社取締役、海外事業ならびに中近東担当
1996年株式会社デルフィス社長、
2001年北米トヨタ自動車社長、トヨタ自動車相談役、
2007年トヨタテクノクラフト常勤監査役、
2010年キー・セイフティ・システムズ(米国本社)取締役を経て、 現在は、2011年から株式会社パソナの副会長を務める

大高 英昭

専務理事 兼 事務局長
藤村 雄志
(ふじむら ゆうじ)

株式会社VALCREATION 代表取締役

「人を創る人を創る」をモットーにインキュベーション活動に従事。10年間で30社以上の事業支援・プロデュースを行う。
現在は、老舗企業の研究から長寿経営のノウハウを発信するための研究活動を行う傍らインキュベーション会社に対するインキュベーション活動や非営利型組織の運営、プロデュース活動に勤しみ、多岐な活動の中から次世代リーダーの育成に情熱を燃やしている。

藤村 雄志

理事
高梨 一郎
(たかなし いちろう)

NPO法人ファミリービジネス
ネットワークジャパン 代表理事

NPO法人ファミリービジネスネットワークジャパン 代表理事
1954年兵庫県生まれ。日本大学法学部卒業。東洋製罐勤務を経て、1981年東京コカ・コーラボトリング(叔父である故髙梨仁三郎氏が創業)に入社。その後、関連会社で自動販売機による飲食品を販売する東京キャンティーン(現アーバンベンディックスネットワーク)、グループ企業の持ち株会社である丸仁ホールディングスで取締役として勤務。2007年には同じく関連会社でフランチャイズビジネスを展開するヴィアンの代表取締役社長に就任し現在に至る。高梨本家はキッコーマンの創業家でもある。

img_takanashi

理事
石原 明
(いしはら あきら)

日本経営教育研究所代表
僖績経営理舎株式会社代表取締役

ヤマハ発動機株式会社を経て、外資系教育会社代理店に入社。約6万人のセールスパーソンの中で、トップクラスの実績を収める。「セールス・マネージャー世界大賞」を受賞後、日本経営教育研究所を設立し、経営コンサルタントとして独立。 中小企業から大企業まで、業種や企業の規模を問わず幅広いコンサルティング活動を行っている。
毎年の講演回数は100回以上。ビジネスの発想力やマーケティング力を開発・育成する「高収益トップ3%倶楽部」には、全国延べ4500社が参加。2万人の読者を抱えるメールマガジン『社長、「小さい会社」のままじゃダメなんです!』や、独自の視点で経営を綴るブログ『石原明の経営のヒント』も執筆中。
毎週金曜日に配信する人気Podcast番組『石原明の経営のヒント+(プラス)』は累計ダウンロード数2200万回を超えている。著書に、『営業マンは断ることを覚えなさい』(三笠書房)、『「成功曲線」を描こう。』(大和書房)、『トップ3%の会社だけが知っている儲かるしくみ』(KADOKAWA)などがある。

石原 明

最高顧問
野田 一夫
(のだ かずお)

一般財団法人日本総合研究所 会長

1927年生まれ。
1952年東京大学社会学科卒業(産業社会学)。
52~55年同大学大学院特別研究生(企業経営論)。55年立教大学赴任し、助教授を経て65年教授。この間60~62年マサチューセッツ工科大学ポストドクトラルフェロー(企業経営の国際比較)、65年~89年立教大学教授。この間67年同大学観光学科開設にあたり初代学科長(70年まで)、同70年(財)日本総合研究所設立にあたり茅誠司理事長のもとで理事・初代所長、同75年ハーバード大学東アジア研究所フェロー、同81年(財)日本総合研究所理事長(2010年まで)、同85年(社)ニュービジネス協議会設立にあたり初代理事長(87年まで)。
89年多摩大学設立にあたり初代学長(95年まで)。93年(社)日本マネジメントスクール会長。97年(県立)宮城大学設立にあたり初代学長(01年まで)。
現在、多摩大学名誉学長、(財)日本総合研究所会長、(社)日本マネジメントスクール会長、(社)全国経営者団体連合会会長など。

野田 一夫

最高顧問
新 将命
(あたらし まさみ)

株式会社国際ビジネスブレイン
代表取締役社長

1936年東京生まれ。早稲田大学卒。
シェル石油、日本コカ・コーラ、ジョンソン・エンド・ジョンソン、フィリップなど、グローバル・エクセレント・カンパニー6 社で社長職を3 社、副社長職を1 社経験。2003 年から2011 年3 月まで住友商事株式会社のアドバイザリー・ボード・メンバーを務める。「経営のプロフェッショナル」として50 年以上にわたり、日本、ヨーロッパ、アメリカの企業の第一線に携わり、今も尚、様々な会社のアドバイザーや経営者のメンターを務めながら長年の経験と実績をベースに、講演や企業研修、執筆活動を通じて国内外で「リーダー人財育成」の使命に取り組んでいる。

新 将命

顧問
横澤 利昌
(よこざわ としまさ)

ハリウッド大学院大学 教授・大学院研究科長
老舗承継経営研究所 所長
事業承継学会 理事

1969年、早稲田大学大学院商学研究科を修了。1985年より亜大教授として日本に「ホスピタリティ」初導入(現在は名誉教授)。1989年~1990年ブリティッシュ・コロンビア大学客員教授、1992年~1995年看護管理者認定小委員会(看護協会)を務める。
実践経営学会会長、経営関連学会協議会初代理事、経営研究連絡委員幹事、厚労省・経産省・文科省等の委員を歴任。
現在は、ハリウッド大学院大学教授・大学院研究科長を兼務。校外では、老舗継承経営研究所所長、事業承継学会理事を務める。
主書は『老舗企業の研究~』生産性出版(2012年3月)など多数。老舗研究家として『世界一受けたい授業』日本テレビ(2007年6月30日)などにも出演。

横澤 利昌

顧問
落合 康裕
(おちあい やすひろ)

日本経済大学 経営学部 准教授

1973年神戸市生まれ。神戸大学大学院経営学研究科博士後期課程修了。博士(経営学)。経営学者。
大和証券(株)入社後、本社人事部、大和証券SMBC (株)金融法人部をへて、2014年より日本経済大学経営学部(東京渋谷キャンパス)准教授就任。現在、ファミリー企業の事業承継について経営学の観点から研究を行う。大学での活動を軸に、国内外での研究発表、ビジネススクールにおける社会人向けの教育に従事する。2015年末に日本で初めてとなる同族経営の実証研究書となる『ファミリービジネス白書』を同友館から発刊。同書の初代企画編集委員長を務める。名古屋商科大学大学院マネジメント研究科客員教授を兼務。
専攻は、経営戦略、経営組織、企業統治。主書に、『事業承継のジレンマ:後継者の制約と自律のマネジメント』白桃書房(2016年)など多数。

落合 康裕

顧問
後藤 三愚
(ごとう さんぐ)

一般社団法人心学修正舎理事
石門心学会 監事

1938年6月東京都生まれ。1961年法政大学工学部卒業。
株式会社日立製作所入社し、重電・重機・産業プラント・機械 設備を中心に一貫して営業に携わる。入社直後から「営業哲学」の必要を感じ、石田梅岩の「商人道の心」を学び始める。
自身の営業マンとしての体験から「人としての生きる道」に繋がっていることを実感。梅岩の三徳、即ち「誠を尽す」ことの効用の絶大であることを悟る。
1998年同社を定年退職し、その後オーナー経営企業3社で6年間勤務。現在は、一般社団法人「心学修正舎」理事、「石門心学会」監事を務め、「石門心学」の普及に力を注いでいる。

後藤 三愚