インフォメーション

4月5日開催 第19回研究会「100年経営と石田梅岩〜石門心学が永続経営に与えた3つの影響〜」参加者募集中

2019年1月25日

4月5日(金)東京にて、100年経営の秘訣を学ぶために、一般社団法人100年経営研究機構主催の第19回研究会を開催いたします。研究会では、100年企業の経営者、有識者をゲストとして順番にお迎えします。

今回は、一般社団法人心学明誠舎の清水正博理事にお越しいただき、石門心学と100年経営の関係性について、ご講義をいただきます。

「長寿企業大国にっぽん」としての認識が広がってまいりましたが、実は、江戸時代に創業をし今もなお続いている100年企業が非常に多いという事実が、後藤代表理事の研究により判明しています。 何故、江戸時代に創業した企業が多く生き残っているのか。大きな影響を及ぼしたとされているのが、石田梅岩が提唱した、石門心学であると言われています。

関西の大手スーパーチェーン系列の代表を務められた後、234年前より心学を普及する活動を展開されている心学明誠舎の理事を務めながらコンサルタントとしても活躍される清水氏より、石門心学の概要と、どのように企業経営に反映していくべきかを、お話いただきます。

皆様のご参加をお待ちしております。

<概要>
・日時 :4月5日(金)16:00-18:00(15:30 受付)
・会場 :東京近郊のセミナールーム
    *お申込者に別途ご案内申し上げます。
・参加費:5,000円(100年経営研究機構 会員:無料)
・定員 :30名
・タイムテーブル:
  16:00 開演
  16:05~講義開始
  17:35~質疑応答
  17:45~事務局からのご連絡
  18:00 閉会・懇親会へ
  20:00 懇親会終了

<プロフィール>
清水 正博 氏
一般社団法人心学明誠舎 理事
一般社団法人実践人の家 理事
大阪経済法科大学客員教授

長野県生まれ。
大学卒業後に関西系スーパーチェーンに入社。
物流、マーケティグリサーチ、店舗運営、秘書、経営計画、人材開発、店舗開発等を歴任。
50代にして関連会社のシンクタンクの代表として人材育成活動・講演・執筆・調査・出版事業に携わる。独立後はコンサルタントとして経営者の相談、企業研修等に勤しむと共に、心学の広布に努めている。
著書に『先哲・石田梅岩の世界』(新風書房)、『新入社員の常識』(商業界)など。
大阪市中央公会堂にて、月1回「大和梅岩力講座」を開催中。


<お申し込みはこちら>
申込フォーム

<キャンセルポリシー>
お申し込み後、お客様のご都合によりキャンセルされる場合には、
以下のようにキャンセル料が発生いたします。どうぞご了承くださいませ。

(1)3月29日(金)18:00までのキャンセルの場合、キャンセル料はかかりません。
(2)(1)以降~当日のキャンセルの場合、キャンセル料は会費の100%かかります。

キャンセルのご連絡は、事務局のメールアドレス(info@100-keiei.org)宛に
表題を『研究会 キャンセル』とし、『お名前(同伴者の方の名前も含む)』をご連絡ください。